就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > 飲食店スタッフの平均年収は330万円!|年齢別の年収や将来性も解説

飲食店スタッフの平均年収は330万円!|年齢別の年収や将来性も解説

飲食店スタッフとは、飲食店における接客や調理などの業務を行う職業です。

サービス業に興味を持っている就活生の中には、飲食店スタッフの仕事が気になっている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、飲食店スタッフの平均年収や仕事内容、そして向いている人の特徴などを幅広く紹介します。

飲食店スタッフの将来性についても解説しているので、お気軽にご覧ください。

飲食店スタッフの平均年収と年齢別の年収

まずは、飲食店スタッフの収入について以下の2点に整理して紹介します。

  1. 飲食店スタッフの平均年収は330万円
  2. 飲食店スタッフの年齢別の年収

一般的な収入水準との比較も行っているので、ぜひともチェックしてくださいね。

①飲食店スタッフの平均年収は330万円

飲食店スタッフの平均年収は、約330万円です(引用元:厚生労働省職業情報提供サイトjobtag「飲食チェーン店店員」)。

国税庁の「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、2022年分の給与所得者の平均給与は458万円です。

つまり、飲食店スタッフの年収は一般平均と比較してやや低い水準であると考えられるでしょう。

飲食店スタッフには、社員だけでなくパート・アルバイトのケースも多いと言えます。

シフト制を採用していることが多く、社員の場合は数年で転勤があることが一般的です。

②飲食店スタッフの年齢別の年収

飲食店スタッフの年収を年齢別に整理して一般平均と比較すると、以下の通りです。

年齢飲食店スタッフの
平均年収
全体の
平均年収
20〜24歳264万円273万円
25歳〜29歳307万円389万円
30歳〜34歳344万円425万円
35歳~39歳356万円462万円
40歳〜44歳404万円491万円
45歳~49歳354万円521万円
50歳〜54歳363万円537万円
55歳~59歳342万円546万円
60歳〜64歳284万円441万円
引用元:厚生労働省職業情報提供サイトjobtag「飲食チェーン店店員」厚生労働省「令和4年分民間給与実態統計調査」

上記を見ると、飲食店スタッフの場合は一般的な推移とは異なり、40代で年収のピークを迎える傾向があると言えます。

飲食店に関する基本情報

ここでは、飲食店に関する基本情報として以下の2点を紹介します。

  1. 飲食店の仕事内容
  2. 飲食店スタッフになるには

①飲食店の仕事内容

飲食店スタッフとは、飲食店のホールにおける利用客の対応や厨房での調理などを担当する仕事です。

ホールでは、来店客の案内や注文取り・料理の提供・料金精算、そして席の片づけまでを行います。

利用客が快適に利用できるように、細かな配慮や無駄のない対応が重要です。

厨房では、仕込みから調理・片づけまでを行います。味の良さを追求するだけでなく、作業を手早く行い注文が溜まってしまうことを避ける必要もあります。

②飲食店スタッフになるには

飲食店スタッフになるために、特に資格や学歴が求められることはないと言えます。

パート・アルバイトの割合が非常に高い職種であり、アルバイトから正社員に登用されるチャンスも大いにある点は特徴的でしょう。

正社員・アルバイトを問わず、入職後は現場で基本的な接客方法やルールを学ぶことが一般的です。

パート・アルバイトであっても、経験を積むことで他のパート・アルバイトを取りまとめる役割を任されることもあります。

また店長を目指すには、場合によっては防火管理者や食品衛生責任者の資格が必要です。

飲食店の将来性は?

飲食店スタッフの雇用という意味では、今後も一定以上の需要はあると考えられます。飲食店は、人手不足であることが多いためです。

ただし、人手不足であるために社員一人ひとりの負担が大きくなっていると言えます。

また、初任給の上昇率は他の業界と比較してトップクラスに低く、社員の給与は上がりにくくなっている点は理解しておかなくてはいけません

飲食店スタッフとしてのステップアップや年収アップを考えるなら、店長やエリアマネージャーなどへの昇進を目指すことも重要でしょう。

飲食店スタッフに向いている人の特徴

ここでは、飲食店スタッフに向いている人の特徴を紹介します。以下の人は、飲食店スタッフに向いていると考えられるでしょう。

  1. 体力に自信がある人
  2. コミュニケーション能力がある人

①体力に自信がある人

飲食店スタッフに向いている人としてまず挙げられるのが、体力に自信がある人です飲食店では、基本的には終始立ちっぱなしで働く必要があります

勤務時間によっては休憩時間が用意されていますが、お店の状況次第では後回しになったり、ほとんど取れなかったりすることも覚悟しなくてはいけません。

また、飲食店の利用客にはさまざまな人がおり、中には対応が難しいタイプの人もいます。

忙しい中でそうした顧客の対応をこなす必要もあることから、精神的にも一定のタフさがないとなかなか務まらないでしょう。

②コミュニケーション能力がある人

コミュニケーション能力が高い人も、飲食店スタッフには向いていると言えます。飲食店はサービス業であり、接客はどの店でも必須です。

利用客が気持ちよく飲食をして帰れるように、できる限り感じの良い接客が求められます。

また、お店全体の雰囲気作りも重要であることから、店長や他のスタッフとも良好な関係を築くことが求められるでしょう。

人との関りが業務上避けられない飲食店スタッフには、高いコミュニケーション能力が不可欠です。

飲食店スタッフの年収やキャリアについて理解を深めよう

飲食店スタッフは、飲食店においてホールでの接客や厨房での調理などを行う職業です。

飲食店スタッフとして働くことを検討するなら、年収だけでなく仕事内容や将来性なども一定以上理解しておくと良いでしょう。

  • フェイスブック
  • ツイッター

若林

このメディアの監修者

若林

青山学院大卒。 勉強が苦手過ぎた経験をもとに、学生時代に受験生への応援ブログを1年間毎日更新し、月間8000pvを記録。 新卒にて、C-mindグループの株式会社LEADに営業として入社し、初年度、年間個人売上900万以上達成。 2023年3月にメディア事業責任者に就任し、メンバーを集めつつ、半年でメディア記事を1000本公開し、現在は2000本以上の記事の監修をし、就活に役立つ情報を発信中。

PICKUPピックアップ記事

まずはカリクル公式LINEを友だち追加!

無料スーツレンタルはこちら