就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > インターンシップには目標を定めて参加しよう!方法や書き方も紹介

インターンシップには目標を定めて参加しよう!方法や書き方も紹介

とりあえずインターンシップに参加しておけば、就活を有利に進められると思っていませんか?それは大間違いです。しっかり目標を決めて参加しないと、あまり意味はありません。

本記事では、インターンシップで目標設定が重要な理由と、具体的な目標設定のポイントを解説します。

最後にインターンシップの目標例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

インターンシップには目標を定めて参加しよう!

インターンシップは、ただ闇雲に参加するのではなく、何をしたいのか、何を身につけたいのかをしっかり明確にしてから参加することが重要です。

例えば、特定のスキルを磨く、業界理解を深めるなど、具体的な目標を設定しましょう。

目標を持ってインターンシップに臨むことは、自己理解を深め、キャリア形成に役立ちます。明確な目標があると、インターン中の活動に意味と方向性が生まれ、企業側にも熱意を伝えやすくなるのです。

また、目標達成に向けた努力は、就職活動での自己PRにも活かせます。

インターンシップに参加するメリット3つ

インターンシップは、学生にとってキャリア形成の重要な一歩です。ここでは、インターンシップに参加することで得られる3つの主要なメリットについて解説します。

  1. 企業や業界への理解が深まる
  2. 社会人としてのスキルが身につく
  3. 就活が早く終わる可能性がある

① 企業や業界への理解が深まる

インターンシップに参加する最大のメリットは、実際の業務を通じて企業や業界への理解を深められる点です。

学生は、インターンシップを通して、業界の動向や企業文化、実際の業務内容を肌で感じられます。これは、ホームページや就職活動サイトだけでは得られない貴重な経験です。

また、実際に働く社員との交流を通じて、その業界や企業が自分に合っているかどうかを判断する機会にもなります。

インターンシップは、自分のキャリアにとって本当に適した業界や企業を見極めるための重要なステップとなるでしょう。

② 社会人としてのスキルが身につく

インターンシップは、社会人として必要なスキルを身につける絶好の機会です。ビジネスマナーやコミュニケーション能力、チームワーク、問題解決能力など、実務を通じて多くのスキルを習得できます。

社会人としてのスキルは、どのような職種に就いても必要とされるものであり、インターンシップでの経験は将来のキャリアに大きく貢献するでしょう。

また、実際の業務を経験することで、学校では学べない実践的な知識や技術を得られ、自分の強みや改善点を理解できます。

③ 就活が早く終わる可能性がある

インターンシップに参加することで、そのまま内定に繋がって就職活動が早く終わる可能性もあります。

なぜなら、多くの企業はインターンシップを通じて優秀な学生を早期に発見し、採用につなげようとしているからです。

また、インターンシップの経験は就職活動の面接で大きなアピールポイントになり、他の応募者との差別化を図れます。

インターンシップは、就職活動を有利に進めるための重要なステップとなるでしょう。

インターンシップにおいて目標設定が効果的な理由3つ

インターンシップの経験を最大限に活かすためには、目標設定が不可欠です。ここでは、なぜインターンシップでは目標を決めた方が良いのか、その理由を3つ紹介します。

  1. 小さい目標が立てやすくなる
  2. 達成感を味わうことで自信に繋がる
  3. 好機に恵まれる可能性がある

① 小さい目標が立てやすくなる

インターンシップにおいて目標を設定する最大の利点は、具体的な行動指針が得られることです。目標があると、何をすべきか、どのように進めるべきかが明確になります。

例えば、営業職を体験する場合、単に「営業の経験を積む」などの漠然とした目標ではなく、「新規顧客を5社訪問する」と具体的な目標を設定することで、実際の行動に移しやすくなります。

明確な目標は実務経験をより深く、具体的にするための道しるべとなるのです。

② 達成感を味わうことで自信に繋がる

インターンシップで設定した目標を達成することは、自己効力感を高め、将来のキャリアに対する自信を育むことにも繋がります。

また、目標を達成したエピソードは面接やESでもアピールできるのです。

例えば、マーケティングのプロジェクトに取り組む際、特定の成果を出すことを目標に設定し、それを達成した場合、その経験は自分の能力を証明するものとなります。

③ 好機に恵まれる可能性がある

インターンシップにおける目標設定のもう1つの重要な側面は、自分の望む経験を実現するための好機に恵まれる可能性があることです。

目標を明確に伝えることで、企業側も学生の期待に応えるための準備ができます。

例えば、特定のスキルを習得したい目標を持っている場合、それを事前に伝えることで、企業は適切なトレーニングやプロジェクトを用意できます。

インターンシップで目標を設定する時のポイント4つ

インターンシップは、学生にとって貴重な職業体験の機会です。しかし、ただ参加するだけではなく、明確な目標を設定することが重要です。

ここでは、インターンシップでの目標設定のポイントを4つ紹介します。

  1. まずは目的を明確にする
  2. 目的と現状との差を埋める方法を見つける
  3. 目標を達成する上での課題を見つける
  4. 課題解決のための具体的なアクションを考える

① まずは目的を明確にする

インターンシップに参加する目的を明確にすることが最初のステップです。

目的と目標は違います。目的は、自分がインターンシップを通じて何を得たいのか、どのような経験を積みたいのかです。そして、その目的を達成するためのステップが目標となります。

例えば、特定の業界や職種についての理解を深める、ビジネスマナーや専門的なスキルを学ぶ、ネットワーキングを広げるなど、目的は人それぞれです。

自分のキャリアプランや就職活動において重要な要素を考慮し、具体的な目的を設定しましょう。

② 目的と現状との差を埋める方法を見つける

次に、設定した目的と現状とのギャップを理解し、その差を埋める方法を考えましょう

例えば、マーケティングの知識を深めたい場合、関連する業務に積極的に参加する、専門的なセミナーやワークショップに参加するなどの方法が考えられます。

また、社会人としての基本的なビジネスマナーを学びたい場合は、社員とのコミュニケーションを重視し、実際の業務を通じて学ぶことが有効です。

自分の目的に合ったインターンシップを選び、具体的な行動計画を立てましょう

③ 目標を達成する上での課題を見つける

目標を達成するためには、その過程で直面する可能性のある課題を把握し、対策を考える必要があります。例えば、特定のスキルを身につけるためには、実践的な経験が必要かもしれません。

また、業界理解を深めるためには、幅広い業務経験や多様な人との交流が必要です。自分の弱点や不足している知識を認識し、それを克服するための具体的な計画を立てましょう。

④ 課題解決のための具体的なアクションを考える

最後に、課題を解決するための具体的なアクションプランを考えましょう

これには、必要なスキルを習得するためのトレーニング、知識を深めるためのリサーチ、ネットワーキングの機会を増やすためのイベント参加などが含まれます。

自分の目標に合わせて、実行可能なアクションを計画し、インターンシップを通じて成長する機会を最大限に活用しましょう。

インターンシップにおける目標の書き方3つ

インターンシップでは、明確な目標設定が不可欠です。ここでは、インターンシップの目標の書き方のポイントを3つ解説します。

  1. インターンシップに参加した目的を記す
  2. 応募した企業を選択した理由を記す
  3. 最終的な目標・ゴールを記す

① インターンシップに参加した目的を記す

まずはインターンシップに参加する目的を書きましょう。目的は人それぞれ異なります。

自分が何を学びたいのか、どのようなスキルを身につけたいのかを明確にすることが重要です。

例えば、マーケティングの知識を深めたい、プログラミングスキルを磨きたいなど、具体的な目的を記すことでインターンシップ中の行動が目標に沿ったものになります。

② 応募した企業を選択した理由を記す

応募した企業を選んだ理由を明確にすることも大切です。企業のどのような点に魅力を感じたのか、どのような経験を期待しているのかを考えましょう。

例えば、その企業の独自の技術や文化、業界内での地位などが理由になり得ます。理由を明確にすることで、インターンシップ中に何を重点的に学ぶべきかが見えてきます。

また、面接時にこの理由を伝えることで、あなたの熱意や真剣さをアピールできるでしょう。

③ 最終的な目標・ゴールを記す

最後に、インターンシップを終えた後のゴールを書くことも大切です。

どのような成果を得たいのか、どのような自分になっていたいのかを考え、最終的な目標やゴールを設定しましょう。

最終的なゴールは、単にスキルの習得だけでなく、人間関係の構築や業界理解の深化など、多岐にわたります。

ゴールを設定することで、インターンシップ中の活動が目的意識を持って行えるようになります。

インターンシップにおける目標例5つ

最後に、インターンシップにおける具体的な目標例を5つ紹介します。参考にしてください。

  1. ビジネスマナーを身に付ける
  2. 実績を作る
  3. 企業・業界の研究をする
  4. 人脈を広げる
  5. スキルアップを目指す

① ビジネスマナーを身に付ける

1つ目はビジネスマナーを身につけることです。インターンシップは、ビジネスマナーを学ぶ絶好の機会です。

実際の職場での経験を通じて、身だしなみや言葉遣い、メールや電話のやり取りなど、社会人として必要なマナーを身に付けられます。

学生時代にはなかなか体験できない実務を通じて、社会人としての基本的な振る舞いを学ぶことは、将来の就職活動においても大きなアドバンテージとなります。

② 実績を作る

2つ目は仕事の実績を作ることです。インターンシップでの実績は、就活時の大きな武器になります。

具体的な成果やプロジェクトへの貢献は、面接での話題提供にもなり、自己PRの強化に繋がるでしょう。

例えば、特定のプロジェクトでの成功体験や、チーム内での貢献度など、具体的なエピソードがあれば、就職活動において他の候補者と差別化できます。

③ 企業・業界の研究をする

3つ目は企業研究・業界研究をすることです。インターンシップは、希望する業界や企業について深く理解するための絶好のチャンスです。

実際に業務に携わることで、企業文化や業界の動向、仕事内容のリアルな理解を深められます。

これは、就職活動において自分のキャリアプランを練る上で非常に重要な情報となり、志望動機や面接時の質問への対策にも役立つでしょう。

④ 人脈を広げる

4つ目は人脈を広げることです。インターンシップは新たな人脈を築く絶好の機会です。

企業の社員や他のインターン生との交流を通じて、将来のキャリアに役立つ貴重なコネクションを構築できます。

インターンシップで築いた人脈は、就職活動の情報交換や、将来的なキャリア形成のサポートとなる可能性があります。

⑤ スキルアップを目指す

5つ目はスキルアップを目指すことです。インターンシップは、実務経験を通じて専門的なスキルや知識を身に付ける絶好の機会です。

特に、自分の専攻分野や興味のある領域に関連する業務に取り組むことで、理論だけでは得られない実践的なスキルを獲得できます。

インターンシップでの経験は、就職活動において自己の強みとしてアピールできるだけでなく、将来のキャリア形成にも大いに役立つでしょう。

インターンシップには目標を決めてから参加しよう!

インターンシップは、自己成長の大きなチャンスです。何を学び、どのように成長したいかを事前に明確にすることで、インターンシップの経験を最大限に活かせます。

例えば、具体的な業務経験を積む、特定のスキルを磨く、業界理解を深めるなど、具体的な目標を設定しましょう。目標が明確であれば、インターン中の活動の方向性が定まります。

また、目標を持って参加していれば、企業側にも熱意が伝えやすくなり、早期内定獲得に繋がる可能性高まるでしょう。

目標を決める際は、自分の興味やキャリアプランを考慮して、自分にとって意義深い目標を設定することが重要です。

  • フェイスブック
  • ツイッター

若林

この記事を書いた人

若林

青山学院大卒。 勉強が苦手過ぎた経験をもとに、学生時代に受験生への応援ブログを1年間毎日更新し、月間8000pvを記録。 新卒にて、C-mindグループの株式会社LEADに営業として入社し、初年度、年間個人売上900万以上達成。 2023年3月にメディア事業責任者に就任し、メンバーを集めつつ、半年でメディア記事を1000本作成達成。 #長野出身 #浪人 #営業 #韓国料理好き #ダイエット中 

PICKUPピックアップ記事

まずはカリクル公式LINEを友だち追加!

無料スーツレンタルはこちら