就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > 英語を使うインターンの探し方を解説!企業選びのコツも紹介

英語を使うインターンの探し方を解説!企業選びのコツも紹介

英語を使うインターンに参加したいけど、どうやって見つければいいか分からず困っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、英語を使うインターンの探し方を解説します

英語を使うインターンを開催している企業の特徴や、具体的な職種も紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

英語を使うインターンに参加するメリット4つ

英語を使うインターンは、グローバルな視野を持ち、将来的に海外での活躍を目指す方にとって、貴重な経験となるでしょう。

ここでは、英語を使うインターンの主なメリットを4つ紹介します。

  1. ビジネス英語が身につく
  2. 自分の力を試すことができる
  3. 視野が広がる
  4. 就活で有利になる可能性がある

①ビジネス英語が身につく

英語を使うインターンでは、ビジネス英語に触れる機会が豊富です。実際の業務を通じて、専門的な語彙やビジネスシーンでのコミュニケーションスキルを身につけられます。

例えば、プレゼンテーション、会議、ビジネスメールのやり取りなど様々な場面でビジネス英語が必要となります。

インターンでの経験は、必然的にビジネス英語に触れる機会が増えるので、将来的に国際的なビジネスシーンで活躍するための基盤となるでしょう。

②自分の力を試すことができる

インターンシップは、自分の英語力を試す絶好の機会です。現時点での自分の英語力を把握し、向上させる良い機会となります。これは将来のキャリア形成においても非常に有益です。

さらに、実践的な環境でのコミュニケーションは、英語力だけでなく自己評価の精度を高め、自信に繋がるでしょう。

③視野が広がる

英語を使うインターンシップは、視野を広げる絶好の機会です。

異文化の中で働くことにより、自国とは異なる働き方や考え方を学べます。これは、グローバルな視点を持ち、多様性を理解する上で非常に重要です。

また、異なる文化背景を持つ人々との交流を通じて、新たな価値観やアイデアに触れることができ、自己成長にも繋がります。

④就活で有利になる可能性がある

英語を使うインターンシップの経験は、就職活動において大きなアドバンテージとなり得ます。

特に、国際的な業務を行う企業では、実際のビジネスシーンでの英語使用経験が高く評価されます

また、国際的なフィールドでの仕事経験は、柔軟な思考や問題解決能力を示す証となり、多くの企業にとって魅力的です。

英語を使うインターンの経験は、就職活動において他の候補者との差別化を図るための強力な武器となるでしょう。

英語を使うインターンの主な職種4つ

インターンで英語を使うかどうかは職種によります。ここでは、インターンで英語を使う職種を4つ紹介します。

  1. 営業
  2. 電話対応
  3. webライター
  4. ホテル

①営業

営業職のインターンシップでは、英語を使った商談やプレゼンテーションが日常的に行われます。特に国際取引を行う企業では、英語での交渉力やプレゼンテーション能力が重要視されます。

インターンシップを通じて、国外のクライアントとのコミュニケーションスキルを磨けるのは大きな利点です。

また、英語でのビジネス文書の作成や、電子メールでのやり取りなど、実務で使われる英語を学ぶ絶好の機会となります。

営業職のインターンシップは、将来的に国際ビジネスの場で活躍するための貴重な経験となるでしょう。

②電話対応

電話対応の職種では、英語でのコミュニケーション能力が直接的に試される場面が多いです。主な業務として、海外のクライアントやパートナー企業との電話でのやり取りがあります。

実際の業務を通じて、英語でのリスニングやスピーキングのスキルを実践的に磨けます。

また、ビジネスシーンにおける電話マナーやコミュニケーションの技術も学ぶことができ、将来的に国際的なビジネス環境で活躍するための基礎を築けます。

電話対応のインターンシップは、英語でのコミュニケーション能力を高めるだけでなく、プロフェッショナルなビジネススキルを身につける絶好の機会です。

③webライター

Webライターとしてのインターンシップでは、英語でのコンテンツ作成が主な仕事となります。特に国際的な読者を対象としたメディアでの作業では、英語での表現力やライティングスキルが重要です。

インターンシップを通じて、海外の読者を意識したコンテンツ作成の経験を積めます。

また、SEO対策やマーケティング戦略に基づいた記事の執筆など、デジタルマーケティングの知識も身につけられます。

Webライターのインターンシップは、英語での情報発信能力を磨けるだけでなく、ウェブメディアの運営に関する実践的なスキルを学べる絶好の機会です。

④ホテル

ホテル業界のインターンシップは、外国人客との円滑なコミュニケーションが求められるため、英語力を活かす絶好の機会と言えるでしょう。

フロント業務、客室サービス、イベントの企画・運営など、多岐にわたる業務で英語を使用する機会があります。

実際の業務を通じて、英語でのコミュニケーションスキルはもちろん、異文化理解や国際的なマナーについても学べます

英語力を活かしつつ、国際的な接客スキルを磨けるのがホテル業界のインターンシップの魅力です。

英語を使うインターンに参加する上で必要な英語力を解説

英語を使うインターンシップに参加する際、企業によって求められる英語力は異なります

特に海外インターンシップでは、業務内容や企業の国際性に応じて、英語力の要件が設定されていることが多いのです。

例えば、日系企業で日本語が主なコミュニケーション手段の場合、英語力の要求は比較的低めですが、現地企業や国際的な環境で働く場合は、高い英語力が求められます。

したがって、インターンシップに応募する前には、自分の英語力がその企業の要求レベルに適合しているかを確認することが重要です。

英語を使うインターン企業の特徴3つ

会社の強み

どのような企業が英語を使うインターンを開催しているのでしょうか。ここでは、英語を使うインターン企業の特徴を3つ紹介します。

  1. 外国の方と話す機会が多い
  2. 社内の公用語が英語である
  3. 英文に触れる機会が多い

①外国の方と話す機会が多い

英語を使うインターン企業では、外国の方とのコミュニケーションが日常的に行われます

これは、国際的なプロジェクト海外のクライアントとのやり取りにおいて特に顕著です。

英語を話すことにより、異なる文化背景を持つ人々との理解を深め、国際的なビジネスシーンで活躍するための貴重な経験を積めます。

②社内の公用語が英語である

英語を使うインターン企業の多くでは、社内の公用語が英語です。これにより、社員は英語を使ったコミュニケーション能力を自然と高められます。

例えば、メールのやり取り、会議、プレゼンテーションなど多岐にわたる業務が英語で行われるため、英語力の向上はもちろん、専門的な知識やスキルも同時に磨かれます。

また、英語を使うことで、国際的な視野を持ち、多様な文化や価値観を理解できるでしょう。

③英文に触れる機会が多い

英語を使うインターン企業では、英文資料の読解や作成の機会も豊富です

契約書、報告書、プレゼン資料など、様々な文書を英語で扱うことで、ビジネス英語の理解が深まります。また、英語での文書作成は、思考を整理し、明確に伝える力が養われます。

インターン生は、英文に頻繁に触れることで、自然と読解力や表現力が向上するでしょう。

英語を使うインターンの探し方5つ

英語を活かせるインターンシップを見つけるための5つのアプローチを紹介します。これらの方法を活用して、あなたに合ったインターンシップを見つけてください。

  1. 就活アプリを使う
  2. 企業のホームページをチェックする
  3. 大学のキャリアセンターで相談する
  4. 知人から紹介してもらう
  5. 海外でのインターンを検討する

①就活アプリを使う

就活アプリは、英語を使うインターンシップを探す際に非常に有効です。就活アプリでは、業界や職種、勤務地など、様々な条件で検索できます。

また、企業からの直接スカウトも期待できるため、積極的にプロフィールを充実させることが大切です。

さらに、アプリには企業の評判や過去のインターン体験談が掲載されていることもあり、事前に情報を収集するのに役立ちます。

②企業のホームページをチェックする

企業のホームページを直接チェックする方法も効果的です。

特に大手企業や外資系企業の場合、インターンの内容、期間、応募条件などが明確に記載されていることが多く、自分に合ったインターンシップを見つけやすいのです。

また、企業の文化やビジョンを理解できるため、応募前の企業研究にも役立ちます。定期的にチェックして、新しい情報を見逃さないようにしましょう。

③大学のキャリアセンターで相談する

大学のキャリアセンターは、インターンシップ探しの大きな助けになります。

キャリアセンターには、様々な業界や企業のインターンシップ情報が集まっており、専門のスタッフが相談に乗ってくれます。

また、大学独自のネットワークを活用して、非公開のインターンシップ情報を得ることも可能です。

キャリアセンターを利用することで、自分のキャリアプランに合ったインターンシップを見つけられます。

④知人から紹介してもらう

知人からの紹介も、英語を使うインターンシップを見つける有効な方法の1つです。

友人や先輩、教授など、周囲の人々は様々な情報を持っています。一般には公開されていないインターンシップの情報を得られることも。

既に信頼関係がある人からの紹介であるため、企業側もあなたを信頼して受け入れる可能性が高いでしょう。

良いインターンを紹介してもらうためには、積極的にネットワークを広げ、情報交換を行うことが重要です。

⑤海外でのインターンを検討する

海外でのインターンシップを検討するのも良い選択肢です。海外のインターンシップは、英語力だけでなく、異文化理解や国際的な視野を広げる絶好の機会と言えます。

海外のインターンシップを探す際には、専門のエージェントやプログラムを利用すると良いでしょう。ビザの手配や現地でのサポートなど、海外での生活に必要なサポートを提供してくれます。

海外での経験は、将来のキャリアにおいて大きなアドバンテージとなるでしょう。

英語を使うインターンの企業選びのコツ2つ

インターンシップは、キャリア形成において非常に重要です。そのため、自分に合った企業を選ぶ必要があります。ここではインターンの企業選びのコツを2つ紹介します。

  1. インターンに参加する目的を明確にする
  2. 自分の英語力を把握する

①インターンに参加する目的を明確にする

インターンシップに参加する目的を明確にすることは、適切な企業選びの第一歩です。目的が明確であれば、求める経験やスキルを得られる企業を見つけやすくなります。

例えば、ビジネス英語の実践的な使用を目指す場合、国際的なビジネスを行っている企業が適しているでしょう。

また、異文化コミュニケーションのスキルを磨きたい場合は、多様な国籍の従業員がいる企業が良いかもしれません。

自分のキャリアプランに合ったインターンシップを選ぶことで、将来の職業選択にも役立ちます。

②自分の英語力を把握する

自分の英語力を正確に把握することも、英語を使うインターンシップを選ぶ際に重要です。自分の英語力を知ることで、適切なレベルの業務に挑戦でき、成長につながります。

例えば、英会話が得意であれば、顧客対応やプレゼンテーションなどの業務に挑戦するのが良いでしょう。一方、読み書きが得意なら、レポート作成や資料翻訳などの業務が適しています。

自分の英語力に合ったインターンシップを選ぶことで、ストレスなく業務に取り組むことができ、より多くの学びを得られます。

英語力を活かせるインターンに参加しよう!

将来的に国際的なビジネスシーンで活躍したい人は、英語を使うインターンに積極的に参加しましょう。

英語を使うインターンでの経験は、ビジネス英語が身につくだけでなく、選考でも大きなアドバンテージになります。

しかし、自分に合ったインターンでなければメリットは半減してしまいます。自分の英語力や目的に合ったインターンを選ぶことが大切です。

  • フェイスブック
  • ツイッター

若林

このメディアの監修者

若林

青山学院大卒。 勉強が苦手過ぎた経験をもとに、学生時代に受験生への応援ブログを1年間毎日更新し、月間8000pvを記録。 新卒にて、C-mindグループの株式会社LEADに営業として入社し、初年度、年間個人売上900万以上達成。 2023年3月にメディア事業責任者に就任し、メンバーを集めつつ、半年でメディア記事を1000本公開し、現在は2000本以上の記事の監修をし、就活に役立つ情報を発信中。

PICKUPピックアップ記事

まずはカリクル公式LINEを友だち追加!

無料スーツレンタルはこちら