就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > 面接が怖い人必見!すぐ不安を解消できる方法・恐怖心の原因も解説

面接が怖い人必見!すぐ不安を解消できる方法・恐怖心の原因も解説

就活を進めていくと、必ずやるのが面接です。面接では、どのような質問をされるのか・どのような人と面接するのかなど大変不安になりますよね。

面接に不安になる原因や解消する方法を本記事で解説していきます。面接は誰しも不安になるので、この記事を参考に落ち着いて面接に取り組めるようにしていきましょう。

面接が怖いと感じる就活生は多い!

面接は、誰しも不安になるものです。なぜなら、普通に学生生活をしていたら、面接をする機会は多くないからです。アルバイトの面接があっても、入れる曜日を聞かれたりするだけでそこまで緊張感がないですよね。

さらに、就活の面接では社会人と話すことになりますが、社会人と話す機会も普段からなかなかありません。また、話す話題も自分が学生時代に頑張ったことや会社で何をしたいかなど話し慣れていない話題が多いでしょう。

ただでさえ、慣れてない人と慣れてない話題をするというのに、ましてや合否を決められるとなると緊張するのは当たり前です。

面接が怖い・行きたくないと思う原因4つ

面接が怖い・行きたくないと思う原因は何があるのでしょうか?自分の不安に思う原因がわかれば、対策法もわかるので、以下4つの中から自分の原因を見つけてみましょう

  1. 失敗を怖すぎている
  2. コミュニケーションに自信がない
  3. 落ちて傷つきたくない
  4. 面接に慣れていない

①失敗を怖すぎている

面接が怖い・行きたくないと思う原因の1つ目は、失敗を怖れすぎていることです。失敗して落ち込んだり、恥をかきたくないと思うことは当たり前のことです。

また、面接は人に合否を決められるので、人に自分が悪い評価をつけられたら恥ずかしいと思ってしまう人は多くいます。今まであまり学業などで悪い評価をつけられてこなかった人は、尚更自分が低い評価をつけられてしまうことに怯えてしまうものです。

選考に落ちることは多くあるとわかっているとはいえ嫌ですよね。

②コミュニケーションに自信がない

面接が怖い・行きたくないと思う原因の2つ目は、コミュニケーションに自信がないことです。面接は、基本的には初めて会う人としますよね。

初めての人とのコミュニケーションに自信がないという人は、うまく自分が言いたいことが面接官に言えるのかと怖くなってしまいます。

初対面の人とうまくコミュニケーションが取れない人は、自分が面接でうまく話せてる様子がイメージできず、どうせ落ちてしまうなら行きたくないと思ってしまうこともあるでしょう。

③落ちて傷つきたくない

面接が怖い・行きたくないと思う原因の3つ目は、落ちて傷つきたくないことです。就活は、選考に落ちることが多くあると分かってはいても落ちるのは誰しもが嫌なことです。

面接前からもしかしたら落ちるのではないか、と考え、傷つきたくないと悩んでしまいます。そのため面接に行きたくないと考えてしまうのは当然のことです。

また、いくら練習しても自分が想定していない質問が来たらどうしようと考え、不安にもなりますよね。

④面接に慣れていない

面接が怖い・行きたくないと思う原因の4つ目は、面接に慣れていないことです。当然ですが、これまでの学生生活で面接をする機会は少なかったはずです。

さらに、ビジネスに関する話や自分がこれまでやったことを初対面の人に話す機会はほぼないですよね。就活の面接がどんなものが分からないために面接が怖いと思うのは当然です。

また、どのような面接なのか分からないのに合否が決められると思うと行きたくないと思う人がほとんどなのです。

面接が怖い時の対処法4つ

面接が怖いと思うのは当然なので、対処法を学びましょう以下に4つ対処法を紹介しているので、自分の不安にあった対処法を試してみてください。面接は、緊張しすぎず落ち着いて臨むことが大切です。

  1. 対等なコミュニケーションだと考える
  2. 失敗しても良いと考える
  3. 面接の経験を積むと考える
  4. 面接準備を徹底する

①対等なコミュニケーションだと考える

面接が怖い時の対処法の1つ目は、対等なコミュニケーションだと考えることです。面接は、就活生が面接官に審査されて合否を出せれる場だと考えてしまいます。

そう考えてしまうと、面接が怖くなってしまいます。そう考えるのではなく、対等なコミュニケーションと考えると緊張感が和らぎますよ。

合格できるように自分を見せようと頑張るのではなく、面接官に自分はどのような人なのか伝えようというような気持ちで臨みましょう。

②失敗しても良いと考える

面接が怖い時の対処法の2つ目は、失敗しても良いと考えることです。落ちることは怖いですが、怯えて面接に行かなくなるといつまで経っても面接が上達しません。

面接に失敗するのが悪いという考えではなく、失敗することで今後の面接で何を気をつければいいのか学べるという考えをしましょう。

失敗をしながら次の面接に活かすことで、どんどん面接が上達して合格したい面接で合格できるようになりますよ。最初は誰しも失敗するものなので、失敗に恐れず挑戦していきましょう。

③面接の経験を積むと考える

面接が怖い時の対処法の3つ目は、面接の経験を積むと考えることです。面接に落ちても面接の経験値が上がったと考え、次につなげていきましょう。

面接は、場の数が面接の上達への一番の道です。練習はもちろん大事ですが、練習と本番の緊張感は違います。緊張をすると、自分が言いたいことが言えなくなったりすることも多いです。

緊張に慣れるのは非常に大事なので実際の面接経験を積みましょう。面接全てに合格しようという気持ちではなく、自分が上手になるための面接と考えるようにしてくださいね。

④面接準備を徹底する

面接が怖い時の対処法の4つ目は、面接準備を徹底することです。面接準備としてできることは、主に頻出質問の把握、ビジネスマナーの理解です。面接準備をすると、焦らず心に余裕ができて落ち着いて面接に臨めます。

頻出質問はインターネットで調べたり、先輩に聞いてみるのがおすすめです。頻出質問を把握し、どれにどう答えるのか考えておきましょう。また、時間に余裕があれば同じ就活生や先輩に模擬面接を頼んでおくのがおすすめです。

面接中に使える!恐怖心を和らげる方法3つ

ここまでは、面接が怖い時の事前にできる対処法を紹介しました。とはいえ、いざ面接になると怖くなってしまいますよね。ここでは面接中や直前にできる緊張を和らげる方法を3つ紹介します。

  1. 緊張している旨を伝える
  2. 本番前に体を動かす
  3. 深呼吸をする

①緊張している旨を伝える

面接中に使える恐怖心を和らげる方法の1つ目は、緊張している旨を伝えることです。例えば、最初の自己紹介の際に、実は緊張していると伝えることで面接の雰囲気が和むことがよくあります。

また、緊張していると伝えることで、面接官に面接に対して真剣に取り組もうとしていることや企業を真剣に志望していることが伝わります。

張して言葉が詰まったときにも正直に緊張していることを伝えましょう。面接官も理解してくれるはずです。

②本番前に体を動かす

面接中に使える恐怖心を和らげる方法の2つ目は、本番前に体を動かすことです。例えば、オンライン面接の前にずっと机の前に座って硬直しているとより緊張してしまいます。

そうではなく、体を動かして緊張を和らげましょう。できるだけ、素の自分で面接に臨むようにするのが大事です。簡単にできるのは、肩を動かしたり体を伸ばすこと。

もし、対面の面接ならば面接時間より早く到着するようにして近くを散歩してみるのもおすすめですよ。

③深呼吸をする

面接中に使える恐怖心を和らげる方法の3つ目は、深呼吸をすることです。これは、面接をする前に待機している時など面接の直前にもできることです。

緊張をしている時こそ、ゆっくり大きな深呼吸をすることで自然と体も心も緊張が緩まりますよ。面接が始まってあまりにも緊張する場合は、面接官に緊張していて深呼吸をしていいか聞いてみるのもおすすめです。

面接官も就活生が緊張していることは理解しているので、快くOKしてくれるでしょう。

記事を参考に恐怖心を和らげて面接に挑もう

面接は、普段の学校生活であれば慣れていないことが多いので緊張するのが当たり前です。そのため、緊張した際の対処法をこの記事で学んで落ち着いて面接に臨みましょう。

落ち着いて面接すれば、本来の自分が出せますよ。また、失敗しても今後の面接の糧になると思うことが大切です。

  • フェイスブック
  • ツイッター

若林

この記事を書いた人

若林

青山学院大卒。 勉強が苦手過ぎた経験をもとに、学生時代に受験生への応援ブログを1年間毎日更新し、月間8000pvを記録。 新卒にて、C-mindグループの株式会社LEADに営業として入社し、初年度、年間個人売上900万以上達成。 2023年3月にメディア事業責任者に就任し、メンバーを集めつつ、半年でメディア記事を1000本作成達成。 #長野出身 #浪人 #営業 #韓国料理好き #ダイエット中 

PICKUPピックアップ記事

まずはカリクル公式LINEを友だち追加!

無料スーツレンタルはこちら