就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > Webディレクターの仕事って?|就活するうえで知っておきたい職種

Webディレクターの仕事って?|就活するうえで知っておきたい職種

Webディレクターの仕事に就きたい、仕事内容はどのようなものが知りたいと思っている就活生は、Web関係の職に興味がある人が多いかもしれません。もしくはディレクター業務そのものに関心がある人もいるでしょう。ここではWebディレクターの仕事について解説していきます。

 

Webディレクターとは

Webディレクターが担う役割はその会社によって異なります。A社では◯◯と××の仕事内容だったけれども、B社では◯◯と××と△△の仕事がある、なんてこともあります。

本来の仕事内容としては、サイト制作において、そのほかの専門職とやり取りをし、サイトを作り上げていくためのマネジメントを行うような人と考えておくと良いでしょう。制作するということは、目的があるのでその目的にたどり着くための道しるべを作りそれに基づいて専門職の人が作業できる環境や納期を設定する人でもあります。

また、専門の人たちがやらない煩雑な作業を行うこともありますし、下請けの会社であれば日程調整や相手からの要望などをうまく折衷しなくてはなりません。

 

サイト制作だけではなくコラム作成が必要な場合はライターへの執筆依頼や執筆内容のチェックなどをしなくてはならないケースもあります。

 

Webディレクターに向いている人

ディレクター職では、様々な仕事を行わなくてはなりません。上述の通り、日程調整や他者への依頼などがあります。そのため、マネジメント能力に長けている人や人当たりが良いタイプだと向いていると言えます。

①マネジメント能力 

マネジメント能力があれば、日程調整する際にほかの納期や予定などを考えつつスケジュールを組むことができます。仕事は一つだけではなく、いくつかの仕事や依頼を並行して進めなくてはならない事態になることも考えれば、器用に進められる人だと尚良いと言えるでしょう。

 

②コミュニケーション能力

他者に仕事を依頼するときや、リテイクが発生した場合などイライラしながら相手に依頼をしてしまうと、受けた側も面白くないと感じてしまいます。この人のお願いなら無理しても頑張ってあげたい、と思えるような人であれば周りとうまく調和して作業をこなせるでしょう。人当たりの良い人物こそがWebディレクターに向いていると言えます。

 

Webディレクター職への対策

Webディレクター職を希望している人は、自分の長所と短所をしっかりと見極めて、それがディレクター職にあっているかいないかを知る必要があります。面接では、ディレクター職に合致する人物かを見られるでしょう。その際に、「自分は一人で仕事をする方が向いています」という発言や「個人戦が得意」と言った内容を示唆するような答えは控えた方が良さそうです。

たくさんの人数がいる中で、みんなの日程をうまく合わせることが得意、飲み会ではいつも幹事を任されていたと言ったような周囲との調和が得意という旨をできるだけ話しましょう。

 

専門を極めてディレクターになる人も

筆者はもともとライター職でしたが、その後ライター陣を取りまとめるようなディレクターを経験したこともあります。はじめからディレクター職を目指さなくとも、それに隣接した仕事で場数を踏んでからディレクターになる方法もあります。

まずは、自分の適性と今の自分に何ができて足りないことは何かをしっかりと把握して就活にのぞむのが自分が求める仕事に就くための第一歩と言えるのではないでしょうか。

  • フェイスブック
  • ツイッター

化野てん

この記事を書いた人

化野てん

#北国 #作家志望 #mac使い #日本酒女子 #アイマスク常備で昼寝 #納期を越えないと明日はない #睡魔との戦い #共闘不可 #元秘書 #おやつは栄養ドリンク

PICKUPピックアップ記事