就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > エビデンスってなに?|就活生に聞いた!就活で知っておきたい用語

エビデンスってなに?|就活生に聞いた!就活で知っておきたい用語

いくつも企業説明会に参加したり面接を受けたりすると、よく耳にする「エビデンス」という言葉。聞き慣れない言葉に「どんな意味?」と疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

エビデンスの意味を知らずに話しを聞いたり進めたりすると、一体どんな話をしているのか理解できませんよね。

そこで今回は、就活中に知っておくと便利な「エビデンス」の意味や例文について紹介します。

 

エビデンスとは?参考例文を紹介!

エビデンス 就活

エビデンスは大きくいうと「証拠」という意味です。

もともと、医療業界の言葉で、医学界では臨床結果や検証結果として使われていました。それが、さまざまなビジネスシーンでも使われるようになり、

業界によって使い方や意味が違うので、就活中は企業に合わせた使い方で意味を捉えなくてはいけません

一例として、業界別の意味と例文を紹介します。

 

IT企業でのエビデンスの意味

エビデンス 就活 IT企業

IT業界では、「エビデンス=記録を残す」という意味で使われます。

例えば、次のように使用されます。

・会議で話し合ったエビデンス(=記録データ)をください。

・取引先の電話内容をエビデンス(=録音)しました。

・メールへエビデンス(=記録データ)を添付してください。

同じ言葉でも、使うシーンは異なります。

 

金融企業でのエビデンスの意味

エビデンス 就活 金融企業

金融業界では、「エビデンス=公的な証明書類」という意味で使われます。

例えば、次のような状況でよく使われる言葉です。

・契約者のエビデンス(=証明書類)をください。

・今週中にエビデンス(=証明書)の郵送をお願いしてください。

・現在のエビデンス(=証明書)を受取りました。

契約時に必要な、運転免許証や健康保険証などに使用されます。

 

化粧品企業でのエビデンスの意味

エビデンス 就活 化粧品会社

化粧品業界では、「エビデンス=実証データ(臨床データ)」という意味で使われます。

例えば、次のような状況でよく使われる言葉です。

・エビデンス(=実証データ)に基づいて商品開発しました。

・こちらの化粧品は、このようなエビデンス(=臨床データ)があります。

エビデンスという言葉は、化粧品業界でも当たり前に使われているワードなので、意味を理解しておくと良いでしょう。

 

エビデンス=信頼性?

エビデンス 就活 特徴

エビデンスは「証拠」という意味を持つため、さまざまな説明で取り入れると、より信頼性が高まります。

例えば、誰かにお金を貸すとき、名前や住所などわからない人にお金を貸したいと思いますか?

多くの人は、名前や住所、勤め先がわかる人ならお金を貸してもいいかなと考えるでしょう。

エビデンスという言葉は、ビジネスシーンによってさまざまな意味を持ちますが、納得できる根拠という特徴があるため、なにかを求められたときや求めるときに「エビデンス」があるだけで大きな強みになります。

 

エビデンスは就活中の強い味方!

エビデンス 就活 メリット

エビデンスの言葉は、就活中のあらゆるシーンで強い味方をしてくれます。

例えば、グループディスカッションにおいては、短い時間でいかに面接官を納得させられるかが勝負です!

そんな時、

◯◯というエビデンスのもと、こう思います。

と明確に発言できると、よく理解し結論を導いていることのアピールにもつながるでしょう。

  • フェイスブック
  • ツイッター

スカイ

この記事を書いた人

スカイ

#就職氷河期世代 #フリーWebライター #ラーメン大好き #趣味は人間観察 #アウトドア派 #負けず嫌い #年の差兄弟のママ #型にはまらない生き方

PICKUPピックアップ記事

YOUTUBEカリクルちゃんねる

MOVIE就活攻略動画

  • WEB面接の準備編

    ~採用担当者が語る重要なポイントとは?~

  • WEB面接の第一印象編

    ~採用担当者が語る重要なポイントとは?~

  • WEB面接の話し方、聞き方編

    ~採用担当者が語る重要なポイントとは?~