就活豆知識

HOME > カリクル就活 > 就活豆知識 > リスケってなに?|就活生に聞いた!就活で知っておきたい用語

リスケってなに?|就活生に聞いた!就活で知っておきたい用語

就職活動や転職活動をすると、平行して何社も応募したり面接を受けたりするため、スケジュール管理が大切になってきます。「面接日程がほかの会社とかぶってしまった!」なんてことがあると焦ってしまい、悪い結果に繋がりかねません。

 

リスケの意味

そんなとき知っていただきたい用語で「リスケ」という言葉があります。

リスケ:リスケジュール(reschedule)ビジネスの世界では「スケジュールを組みなおす」「計画を変更する」という意味で使われることが多いですが、金融機関への返済が苦しくなってきたときに、返済可能な計画に変更することを指す言葉でもあります。

 

どんな時に使う言葉?

就活生が使うのであれば、面接の日程がかぶってしまった時や会社が提示してきたスケジュールと自分のスケジュールが合わないときに「リスケしなくちゃ」というように使ったりもします。予定の前倒しで使うことはほとんどなく、予定を延期する際に使用するのが通常です。

しかし、これはあくまで略語であるため、採用担当などの目上の方に使う言葉ではありません。就活生であれば仲間内や自分用のメモとして使う言葉であり、決して面接の日程を変えてほしいからといって「リスケをお願いします」とは言ってはいけません。

もし、やむを得ず日程を変える必要があれば、自分側のスケジュール管理の不手際を謝罪した上で丁寧な言葉で理由可能な日程を担当の方に伝えましょう。

 

サブスク 就活

 

リスケする必要がないように

就職活動をする上での「リスケ」はやむを得ない理由をのぞき、無いようにするのがマナーです。なぜなら、あなたのスケジュールを変更するということは、相手方(採用担当)のスケジュールも変更するという手間が増えるからです。せっかく書類審査やSPI試験の結果が良くても、手間を増やされると良い印象ではありません。リスケする必要がないように、日頃からスケジュール管理を真面目に行い、特に就職活動の際は細心の注意を払って管理を心がけましょう。

 

筆者が就活生のときは手帳でのスケジュール管理を一切やめました。理由は通学用のバックと就活用のバックを使い分け、中の荷物を移動し忘れることが多く、必要なときに手帳が無いということがあったからです。それを改善するために、スマートフォンでスケジュール管理をしました。手帳というアイテムが一つ減ったことにより、バッグも軽く管理もしやすかったです。

 

 

  • フェイスブック
  • ツイッター

イーグル

この記事を書いた人

イーグル

#埼玉 #全国転勤 #公務員 #九州 #元教師 #教育 #受験 #料理 #キャンプ #音楽

PICKUPピックアップ記事